薬剤師の派遣の時給の相場って?

薬剤師派遣はパートより時給が高い

長年勤めた調剤薬局の正社員を辞めたあと、次の転職先の薬局を見つけるまでの間の半年間を派遣薬剤師として過ごしました。
同じ薬剤師の先輩に、どうせなら色々な立場での仕事を経験をしておいたほうが長いキャリアの上で役に立つし、時給もパートよりも良いんだよと勧められたのがきっかけです。
ヤクジョブとメディカルプラネットの二社の派遣登録会社に登録したところすぐに連絡があり、来週から働けるところがたくさんあります、とたくさんの案件を紹介されました。
そのスピードの速さにはびっくりしました。
週1日勤務から週5日勤務まで、また時間帯もさまざまな案件があり、自分の都合で選ぶことができることには魅力を感じました。
派遣には1日ごとの契約の単発派遣と、1ヶ月単位の長期での契約の定期派遣がありますが、なるべくなら一つの同じ場所で働いたほうが仕事も覚えるし学ぶことも多いだろうと考え定期の契約をしました。
時給に関しては、薬剤師としての調剤経験年数にもよりますが二社とも2400円から2700円くらいが大体の相場でした。
ただし、緊急で入ってほしい案件などは時給が3000円以上に跳ね上がり、特に地方への出張派遣だと4000円近くの案件もありました。
ただしそういう案件は、直前に契約が決まる上に就業先の薬局で速やかに働ける技術とスピードが必要であり、高いレベルが要求されます。
こういう就業体系が初めてだった私は、いくら時給が高くてもそういう現場で働く自信がなかったので、最初は時給2500円の自宅から近い調剤薬局で1ヶ月契約で働くことにしました。
2500円でも、一般的なパートの時給が2000前後であることを考えると高い相場だと思いました。

薬剤師派遣はパートより時給が高い | 派遣薬剤師の業務 | キャリアアップでさらに高い時給へ